関ケ原の戦い 慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)の、関ケ原(現岐阜県不破郡)が主戦場となった合戦。「官僚派」の代表格・石田三成と「武断派」の武将たちは、豊臣秀吉が命じた挑戦出兵をきっかけに対立を深めていった。やがて名だたる大名が三成率いる「西軍」と家康率いる「東軍」に分かれ、関ケ原で激突。まさに日本を二分し、今なお天下分け目の関ケ原と語られる、歴史の節目の戦いとなった。

関ケ原合戦布陣図

関ケ原合戦関連年表